今回は、外壁塗装の艶あり塗料について、デメリットをご紹介していこうと思います。

・キズやひび割れの目立ちやすさ

艶ありの塗料には光沢があり、表面の不均一な部分やキズ、ひび割れなどが目立ちやすい特徴があります。

・劣化や変色の早さ

艶ありの塗料は、艶消しの塗料よりも太陽光や気象条件に対して敏感なため、紫外線や気温の変化により、劣化や変色が早く進む可能性があります。

・メンテナンスが必要

艶ありの外壁は、艶消しに比べて汚れが目立ちやすいため、定期的なクリーニングやメンテナンスが必要です。

・価格の高さ

艶ありの塗料は、艶消しの塗料に比べて価格が高いことがあります。

塗料自体の価格だけでなく、メンテナンスや修繕にかかる費用も考慮する必要があります。

・環境への影響

一部の艶あり塗料には有害な溶剤や成分が含まれていることがあり、これが環境に悪影響を及ぼす可能性があります。塗料を選ぶ際には、環境への配慮も重要です。

外壁塗装において、艶あり・艶消しの選択だけでなく、塗料の種類や品質、施工技術も重要です。建物の特性や使用環境に応じて最適な塗料を選ぶことが重要です。