今回は外壁塗装の必要性についてお話していきたいと思います。

まず外壁塗装はなぜ必要なのか?塗装をするなら何年くらいでするべきなのか?

目に見えて劣化していれば、塗装するきっかけになるかもしれませんが、

我が家をいつまでも綺麗な状態で保っていくためにも、定期的にメンテナンスをすることをおすすめします。

日本での住宅の平均寿命は約30年と言われています。

しかし定期的にメンテナンスを入れることで、寿命はさらに延びます。

家の外壁や屋根は、日々の雨や台風、紫外線などで確実に劣化していき、これを避けることはできません。

こいうった自然環境から守ってくれるのが外壁塗装です。

しかし塗膜も経年劣化により、だんだんと剥がれやひび割れなどが起こります。

そこから雨水が入ると、家全体が弱まってしまいます。

塗装は美観を向上させるだけでなく、同時に外壁材を保護する重要な機能も果たしています。

新築の場合は、おおよそ7~10年で塗装を行うとよいでしょう。

それだけではなく、日ごろから自分自身で建物の状態をチェックしておくことも重要になってきます。

劣化している状態を放置してしまうことで、さらに高額な費用がかかってきてしまう、ということも頭に入れながら、しっかりとしたメンテナンスの計画を行うことが大事です。