ペイントホームズ
苫小牧店

コケが生えはじめた!見落としてはいけない外壁劣化のサイン

建物が劣化しているサインのひとつに、コケの発生があります。

コケを放置してしまうと、見た目が悪くなってしまうだけでなく、建物自体の劣化につながり様々な問題を引き起こしてしまうため、注意が必要です。

今回は、なぜ外壁にコケが生えていると劣化のサインなのか、その理由についてお伝えしていこうと思います。

・湿気の影響

苔は湿気が多い環境を好みます。外壁が湿気をためやすい場合、これが建物の構造や外壁材料に悪影響を与え、劣化を進める要因となります。

・通気不良

外壁の通気が十分でないと、湿気がこもりやすくなります。通気不良は外壁の劣化を促進し、同時に苔の繁殖を手助けしてしまいます。

・有機物の蓄積

苔は外壁に蓄積した有機物を栄養源として成長します。これにより、外壁表面に広がる有機物が建材や塗装に悪影響を与え、劣化を引き起こします。

・酸性の影響

苔が分泌する酸性物質は、外壁の塗装や建材に悪影響を及ぼす可能性があります。これが劣化のサインとなります。

外壁に苔が生えた場合は、早めに対処することをおすすめします。

適切な洗浄や予防処置を行い、必要に応じて外壁塗装を行うことで、建物の耐久性を維持できます。