ペイントホームズ
苫小牧店

外壁塗装の塗料選びはどうやって決める?

まず塗料の種類と特徴を知っておこう!

外壁塗装を業者に依頼する場合には「どの塗料を使うか」も重要な要素となってきます。

現在もっとも広く使用されているのがシリコン塗料です。耐用年数は10~12年ほど。コストパフォーマンスがよいだけでなくカラーバリエーションが豊富なのでデザイン性に優れている点も人気を得ている理由です。

耐用年数の長さではフッ素塗料が非常に適しています。15~20年はもつうえに褪色もしにくいので外壁の状態を長くよい状態に保ちたい人にピッタリです。ほかには耐用年数は短いけれどもコストに優れたウレタン塗料、汚れ防止と耐候性に優れた無機塗料などが選択肢として挙げられます。

単にコストパフォーマンスだけでなく、例えば日当たりがよい環境なら色褪せしにくいフッ素加工が良く、風雨にさらされやすい環境なら汚れにくい無機塗料が良いという選び方です。

塗料選びのもうひとつのポイントも知っておこう!

もうひとつ、外壁塗装の塗料選びでは水性塗料、油性塗料、1液型・2液型といった分類もあります。これもチェックしておきたいところです。原材料を水で溶かして使用した場合には水性、シンナーなどの有機溶剤で溶かした場合には油性となります。水性は価格が安く匂いが少ない、油性は耐久性に優れているメリットがあります。

1液型・2液型の違いは2液型の場合は上記の溶液に加えて硬化剤が使用されている点です。この違いによって2液型の方が耐久性に優れる一方でコストが高くなります。

こうした塗料ごとの違いを確認し、業者とも相談した上で判断するようにしましょう。