ペイントホームズ
苫小牧店

外壁塗装が「10年」と言われる理由

1.塗料の耐久性

外壁塗装に使う塗料の寿命は10年と言われています。10年というのはあくまで目安で、紫外線が強い環境では劣化症状が早く出る可能性があります。一戸建ての住宅メンテナンスも耐久性が弱まったタイミングで実施すると良いでしょう。

2.劣化症状が出てくる時期

劣化症状が気になるのは新築から10年程経った頃ではないでしょうか?外壁の艶がなくなり色褪せてくるのが劣化の初期症状です。このような症状がでてくると防水機能が落ちている証拠です。すぐに悪影響が出る訳ではありませんが、放置しておくとカビや苔、ひび割れなどが発生する可能性があります。これらの症状やチョーキングが見られる場合は外壁塗装の寿命を過ぎている可能性があります。

3.耐久性を高める方法

定期的なメンテナンスをすることで外壁の耐久性を高めることができます。放置したままだと劣化症状が出るおそれがあります。できるだけ早い時期に外壁を塗り替えると、外壁の素材が傷みにくく長く保てるでしょう。

また、グレードの高い塗料を使うことでも外壁の耐久性が高められるでしょう。グレードの高いものは防水性に優れており、耐用年数も長い傾向にあります。

まとめ

外壁塗装は10年くらいで塗料の機能が落ち始めます。外壁の色落ちやカビの発生などで塗り替え時期を判断できるでしょう。

定期的なメンテナンスや高品質の塗料を使うと外壁塗装の寿命を長くすることが可能です。一戸建て住宅のメンテナンスは10年を目安に行ってみてください。