ペイントホームズ
苫小牧店

艶有り外壁塗装を選ぶときの注意点

外壁塗装や屋根塗装に使われる艶有り塗料は「グロス」とも呼ばれます。対して、艶なし塗料は「マット」といいます。外壁塗装のツヤとは光沢のことです。艶有り塗料を使うと外壁の表面が光沢ある輝いた仕上がりになります。

艶有り塗料のメリット

艶なし塗料と比べて【耐用年数が長い】のがメリットです。艶なし塗料にはツヤ消しのため添加剤、つまり不純物が入っています。艶有り塗料には不純物が入っていないので長持ちすると言われています。

光沢が出て【塗装感が出る】のが2つめのメリットです。ツヤがあると新築感が出ます。

3つめは【塗料の種類が豊富】なので選択肢が増えることでしょう。

艶有り塗料のデメリット

【経年劣化でツヤが消えていく】ことです。ツヤは3~5年程度で引いていくと言われています。年数が経過するとじわじわとツヤが減っていくので、劣化するように感じてしまいます。

2つめのデメリットは【安っぽく見える】場合があることでしょう。感じ方はそれぞれですが、ツヤが適度であれば新築感が出て良いものです。でも、全艶のように光沢が強いと、テカテカし、安っぽい印象になるかもしれません。

艶有り塗料を選ぶ際にはメリットとデメリット両方を考えて選んでください。艶有り、艶なしのどちらを選ぶかは完全に好みの問題です。艶有りのピカピカした光沢が好きな方は艶有りをメリットと感じるでしょう。塗料を選ぶ前に、実際に艶有り塗料、艶なし塗料で塗装した家を見比べてみると良いかもしれません。